今年は例年より積雪が少なく、春先の伐採作業ができない可能性が高いため、急遽、雪が残っているうちに伐採をおこなってきました。(と言っても、一日で切れ終わってしましたが…)

素晴らしいことに雑木の中で1本だけなかなか素性の良い黒柿の木がありました!

ちょうど床柱にぴったりのサイズで、芯も通っているのでかなり良い感じ!!!

当地ではニーズがあまり無いため、早々に木材市場に出品する段取りに入ります。

茨城の工場の改修工事も2期目に入り、解体工事も概ね完了。
やはり築年数の経っている建物は壊してみると色々と出てくる…

松之山にある私設美術館さんから絵の額縁の材料について相談を受けました。

十日町産の材木で作りたいこと、額縁毎に材種を変えて異なる表情を見せたいとの要望でした。

今回は4種類の材料を提供し、無事に額縁が出来上がりました。(写真は3つしか映っておりませんが…)

材種が何かお分かりになりますか?
(真ん中の海老色の樹種は難しいかも)

どの額縁も着色はしておりません。色味や杢目の違いが面白いように読み取れるような面白い仕上がりになりました。

昨年の秋から少しお手伝いをしている茨城の某工場の改修工事。
無事に1つ目の冷蔵庫が竣工。


全体の完成は今年の冬までかかる予定。

当社で設計施工をおこなったM邸。
床、天井、腰壁の板は全て地場産の杉材を製材、加工した上で施工しています。
十日町の杉は雪の影響もあり、成長が遅い分、杢目が詰まっているの独特の表情になります。

M邸

例年2-3mほど雪が積もる当市も今年の冬は全く雪が降りません。こんなに雪が降らない年は初めてではないしょうか。

除雪業者だけでなく、スキー業界、それに紐づく観光産業など経済的な悪影響は計り知れず。。。いつもの冬であればもう雪は降らないくても良いと苦々しく思っているところですが、こんなにも降らないと雪ごいをしなければいけないのでは?と思うほど。

春の山菜や農業の夏場の水不足につながらないと良いのですが。。。

星峠の棚田

Ofiice Y改修工事

年の瀬になり、当市もそろそろ雪が本格的に降る季節になってきました。
雪が降ると外での作業が難しくなるため、作業は室内がメインになります。

改修工事もようやく天井が張り終えて、壁板の施工に入ったところです。

木材乾燥機

高温木材乾燥機も無事に設置完了。

弊社のある十日町市は豪雪地帯のため、冬の乾燥材の入れ替えを考慮して、レール部分にも屋根をかけました。

これから試験運転を開始します。どのような仕上がりになるのか、とても楽しみです。